「心(こころ)」          2005.5.31作詞・作曲/壱百六拾

タダひとり  泣きながら もがき苦しんだ夜
目頭に浮かぶ たくさんの存在
大丈夫だって  言ってくれるから
素直に前に歩き出せる

とめどなく流れくる 理想と現実
足の踏み場も無いくらい たくさんの嘘がばら撒かれていて
やっと探し当てた 本当にはまたまた裏切られて
それでもまだまだ 探してる

どれだけ泣いても涙止まらない
溢れだすものだけは拒めない
心を揺さぶるものにもたれかかり
溢れだすものだけは隠せない


(※)
今日は俺 ちょっといい事したんだぜ

コンビニでちょっと  募金したんだ
もらったおつりを 全部入れたんだ
でも本当に 届いてるのかな

雨上がり 澄んだ空 人々の思いやり
綺麗なものをたくさん 知ってるんだ
だけど汚いものは 見えるものだけにして
悲しい 嘘は いらない

人はそれぞれに 心を満たそうと

欲しいものだけを探して 歩くけど
手にするものは  不安の欠片ばかり
大切なものだけ  あればいいのに

どれだけ泣いても涙止まらない
溢れだすものだけは拒めない

心を揺さぶるものに もたれかかり
溢れだすものだけは隠せない


ロクマルの気持ち

すべてがうまくはいかないけど、自分の感情を無理に抑えても良くないしね。
辛いとき、助けてくれる人は意外と近くにいて普段は何とも思わないけど、
僕らはみんな助け合って生きてるんだなって。
本当に信じた人に裏切られたらやっぱり辛いよねぇ、でもだからって他の人に当たるのもねぇ・・・。
そんなことがあると、良い事しても、何にも信じられないわけで・・・。
ちなみに(※)の歌詞は例えば・・・って事で作った歌詞。
ここの歌詞はライブのたびに違う事言おうかなって冗談半分で作ったら、
意外とほかのピンとくる事が浮かばなくて、いつも照れ笑いしながら歌うところ^^。
まあ何か思いついたらまた違う歌詞も入れてみるね。
僕らはこんなふうにいつも不安でいっぱいだよね。
だけどみんなそんな仕草あまり見せずに生きてて。
こう思うと、すべての人が愛(いと)おしくなっちゃったり。
でも一歩間違えると同情だったりして、逆に傷つけちゃったり・・・。
素直になるってすごく難しいね。


ロクマルのうた へ戻る


copyright(c)2005.160(ロクマル)

SEO [PR] @[r AEx@o^C ^T[o[ SEO