カバン・バッグ

服よりも選ぶのに時間がかかっちゃうのがカバンやバッグ
とりあえずブランド物で...
という人はのぞかなくて結構です
皆さんそれぞれ好みがありますからね
ここで紹介するのは使いやすくてカッコイイ・かわいい
丈夫・長持ち職人...
といった感じのカバンたち^^日常で使っていると
そのありがたみって忘れがち
でも良いものは絶えず残っていくし、広がっていくんです
中にはいろんな事情でそうならなかったりもあるでしょうけど


@まずはここ数年(4年位かな)毎日お世話になってる
トートバッグ
ですが
オイルドコットン(油が染込ませてある綿)のものです
防水性もあって、べたべたするわけでもなく
丈夫で長持ちとても助かってます
内ポケットが結構便利
毎日使ってます
取手(っていうのかな)は牛革で丈夫に縫い付けてあるし
縫い付け部分の補強もばっちり

製造元は吉田カバン(ポーター)
1935年に始まってるんですね
「一針入魂」だそうです かっこいいでしょ
吉田カバンと取引をしてる楽器屋さんの店長に
聞いたんだけど
(2004年10月頃の話ですが)吉田カバンは
規模を大きくしない方向で今後展開していくとか
手が回らなくなって製品のレベルが
落ちないようにするためだとか...

今の世の中ビジネスはファーストフードを中心に
マニュアル化されて
「誰でも、間違いなく、早く、まったく同じものが作れる」
を目指して効率化をはかっている中で
吉田カバンはそれとまったく逆方向
向かっているんですね
ものづくりの真髄を感じます
使い手の喜びを本当にわかっていらっしゃるのでしょうね












Aタフといえばやっぱりアウトドア用品ですね
FILSONってご存知でしょうか
まあ細かいことは
THE HISTORY OF FILSON
でみてね
これはロクマルが名古屋にいた時に
個人でやってる服屋さんで紹介してもらったの
そこのおじさんは頑固で...
あっ、その説明じゃなかったね^^
オーダーメイドで服作ってもらったりできるので
一度覗いてみてね普段着屋「かぶ」
っていうお店(今は家でやってるか)
女の子の服のオーダーメイドは特に
喜んでやってくれるよ^^ロクマルも特別に
ハーフパンツ作ってもらったけどね)

で、FILSONだけどロクマルが持っているのは
これもやっぱりトートバッグ
素材:コットンツイルオイルフィニッシュ(綿100%)×牛革
カラー:カーキ(KK)
サイズ:36×36×15cm

のもの
色違いで、オッターグリーン(OG) もあるのでそれもいいかも
とにかくタフです
オイルが気に入らない人は洗っても面白いって「かぶ」のおじさんは言ってたけど
やったこと無いのでわかりません
ちなみにロクマルのFILSONは自分でオイルの塗ってお手入れしたら
失敗しました汚くなっちゃいました
路上ライブに持ち歩いてたせいかもしれないけど、汚れが目立っちゃうね
でも生地はまだまだタフですよ
一回きれいにして専門店でお手入れしてもらおうかな
もう7年位使ってるけど寿命を感じさせませんねぇ
汚れが気になる方はオッターグリーン(OG)が良いかもね^^
でもタウンユースで使うのならお手入れしなくても3、4年は問題ないですよ
お手入れする時は買ったところできちんと説明してもらうことを奨めます




Bそして次はとにかくかっこいいバッグ
まあMSPC(masuter-piece product)見てください
カッコイイでしょ
異素材をそんなふうにコラボさせちゃうんだぁって
感心しっぱなしです
マスターピースは実はまだ買ったことが無くてでもいつもお店で見ると
自然と手に持ってるんですねぇ
いずれ買うのは間違いないですけどね


吉田カバン

フィルソン【FILSON】トートバッグ

MSPC(masuter-piece product)



copyright(c)2005.160(ロクマル)

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO